熱中症に気をつけてください。

ご高齢の方や小さいお子さんは、体温調整機能がうまく働かない為、 知らないうちに脱水症状を起こし、熱中症を招いてしまいます。 こまめに水分と塩分の補給をするように心がけてください。